住まいのホームドクター
住まいのホームドクターTOP > サービス一覧 > 一戸建て内覧会同行サービス > 内覧会調査項目

内覧会で発見された不具合箇所

内覧会で発見された不具合箇所の一部です。この他にも写真に収めていないものを含めて大小さまざまな不具合箇所があります。

※写真をクリックすると大きく表示されます。
3/1000の許容範囲を大きく超える床の傾斜 7/1000 一戸建ての内覧会にて、2階の各室の床が一定方向に傾斜しており、梁がたわんでいたため大掛かりな補修工事となった。
 
リビングの照明取付用シーリングと
 熱感知器の位置が逆さで尚且つ
 位置が中心から大きくズレている
  リビングだけでなく、洋室の
 シーリング位置も違う。なぜ・・・?
 
ユニットバス点検口を確認    点検口内はカビだらけ・・・
 
パイプスペースの点検口内は
ゴミがいっぱい!
  洗濯パンが曲がっているのではなく
壁が大きく曲がっている
 
 構造材の梁に開けてはいけない
穴が・・・
あわてて補強をしたが・・・
  駐車場進入部分のタイルが
浮いている
 
新築マンションなのに既に漏水を起こしている
キズや汚れだけを見ていたら分からなかった
 
エアコンスリーブキャップをはずすと
躯体にスリーブが空いていない
  ジャンカ(コンクリートの打設不良)
セメントと砂利が分離して強度が
下ってしまう
 
耐火構造のためのボードが設置
されていない
  防水工事が行なわれていない
マンション内覧会同行サービスへ戻る >>
一戸建て 内覧会同行サービスへ戻る >>
閉じる

▲このページのTOPへ